角質の削り過ぎに注意!

*写真はセルフケアのイメージとしてお借りしました。

 

「カカトがカサカサする」

「足裏が硬くなった」

と、角質ケアを受けに来て下さるお客様がいらっしゃいます。

そういう方々のほとんどが、ご来店の前にセルフケアをなさっています。

実際お足を拝見すると、明らかに削り過ぎの兆候があることも。。

 

もともと過剰な角質ができて、足の裏やカカトが硬くなるのは、繰り返しの摩擦や圧迫に対する

皮膚(の一番外側の角質層)の、防御反応です。

それは例えば、

がしっかりと足に合っていないためにパカパカしてしまって、摩擦が起きている

靴の幅が狭過ぎるために、足の指、特に拇指と小趾(小指)が圧迫されて角質ができる、

もしくはテニスやゴルフ、バレエ、マラソンなどのスポーツによって、部分的に繰り返し圧迫が起こっている

などが原因となります。

 

そして、角質が硬くなる原因のもう一つが、乾燥です。

冬の乾燥した空気、加齢、内的疾患(甲状腺機能障害など)、保湿ケアの不足などが理由で、角質は乾燥し

ますます硬くなってしまいます。

 

もうひとつ、間違ったセルフケアで角質はますます硬くなります。

間違ったとは、そもそも硬くなってしまった角質部分だけでなく、その下の柔らかい皮膚まで削ってしまっている場合。

すると皮膚は防御反応で、ますます硬くなりますし、表皮を超えて真皮の部分まで傷つけてしまえば

それはとなり、皮膚の再生が難しくなります。

そしてセルフケアをする際にもうひとつ重要なことは、削ったらその後で必ずしっかりと保湿をするということです。

削りっぱなしにすれば、皮膚はますます乾燥し、どんどん硬くなってしまいます。

 

何度も繰り返し削り過ぎてしまっている場合には、皮膚がもとの健康な状態になるまで

かなり時間が掛かります。

くれぐれも削り過ぎにはご注意下さい。

セルフケアとしては、角質を削るよりも、まずはしっかりと保湿をなさることをお勧めいたします。

ロージーライフ・フットでは角質ケアコースにおいて、セルフケアについても足に合わせてアドバイスさせて頂きます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

温泉へ行こう!

次の記事

秋の夜長に