ある晴れた日に

**************

2009年から2012年にかけてドイツに滞在し、ウルム(ULM)という街でポドロギー(Podologie)を学びました。

その際に書いていたブログをこちらにリライトしています。

それに伴い、前記事は徐々に削除していきます。

ここで掲載されている情報は、その当時のものですので現在変わっている可能性があります。

また私自身の認識が間違っていることも考えられますので、ご自身でも常に最新の情報をご確認下さい。

*************

 

 

*画像お借りしました

 

先日、ウルムの小さい劇場でプッチーニのオペラ、「蝶々夫人」を観ました。
1900年代初めの長崎が舞台の、日本人女性、蝶々さん(Madame Butterfly)と
アメリカ海軍士官のピンカートンの、恋愛悲劇を描いたものです。

友人が劇場でバイオリニストとして働いているため、ラッキーにも
格安でチケットを譲ってもらえたのです。(1枚700円位!)

その中で、蝶々さんは、アメリカからもう3年も戻ってこない夫が、
必ず帰ってくると信じて歌います。

「ある晴れた日に・・・あの人は必ず戻ってくる~♪(意訳)」と。。

歌い手の方々もみんな上手で、感動でした。
が、ひとつ言わせてもらえば、蝶々さんのコスチュームが、なってナイ。。
どうみても着物というよりはチマチョゴリ。。
帯が、胸の上で結ばれてるうえ、本当の帯でもないし。。なんだ?
ま、いいか。ウルムだし。

とにかくここでは、日本と中国の区別さえできない人も多いのです。
日本にいる時に予想したより、ここでは日本の認識度が低くて驚きました。
中国とか韓国とかタイとか、いろんな情報が入り混じったイメージになってるようです。
日本が中国の中にあると思ってるとか、寿司を中国の料理と思ってるとか。
「纏足は日本の芸者が履いてたんでしょう?」と何人のドイツ人に聞かれたか。。

なかにはJapanologie(日本学)を学びに
わざわざ日本まで留学に行くほど日本に興味をもっていたり、
本当の、日本の板前さんが作る寿司の違いが分かる
ドイツ人もいますが。まれです。

今や日本の認識度を高めているのはアニメや漫画(何人かのドイツ人の
友達は、私より日本のアニメや漫画に詳しい)で、あとはオートバイ、
剣道、空手、柔道などでしょうか。
最近は、福島原発について、患者さんによく聞かれます。

こんな状況の中で、日本のメンタリティーを理解してもらうのは、大変なことです。
日本の常識は、日本国内でしか通用しない、とこちらに来て改めて実感してます。

特に毎日朝から晩までドイツ人に囲まれている生活では、
日々「壁」を感じます。

文化の壁。常識の壁。メンタリティーの壁。容姿の壁。言葉の壁。。

人は、自分と異なるものをなかなか受け容れたがらないものです。
それは、日本人も同じでしょうが。
受け入れてもらうためには、努力と時間が必要です。

留学、得るものも大きいです。
楽しいこともたくさんあります。
が、苦労も大きいです。
続けるには、揺るがない動機と忍耐が必要です。

「壁」、登るか壊すには、かなりのエネルギーも必要です。

日々壁にぶち当たっている私、あっちをぶつけてはこっちもぶつけて。。
今週の心境は、こんな感じでした
  
(ビバルディー「四季」の中の「冬」。。)

 

テストは、お陰様で無事に終了しました。
まだ点は出てないけど、感触は良かったです。

週末、休憩したら、来週また元気に学校に行きます。

 

苦労はあるけど、いつかそれが私自身の成長につながると
確信しています。

ある晴れた日に、私は発見するでしょう。
壁の向こうに、今まで見たことがない、美しく新しい景色が広がっているのを。。
(by me)

Follow me!

ある晴れた日に” に対して1件のコメントがあります。

  1. Amopmooks より:

    viagra

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。