足裏のカサカサ、早めの保湿で乗り切ろう

 

あっという間に11月!

もうすぐ2021年も終わってしまいますね。

と、去年も同じことを言っていたような気がしますが。。

 

ついこの前までは、湿気が多いと思っていたのに、

もう乾燥が気になる季節となってきました。

このように空気が乾燥し、寒くなるにつれてお湯を使う頻度も上がってくると

手が乾燥してカサカサになってしまいますね。

 

同様に、足も乾燥してカサカサやひび割れが気になり始める頃です。

特に床暖房だったりすると余計に乾燥しがちです。

 

もともと足裏には皮脂腺がなく、皮脂が出ないようになっています。

その分滑らずにすむのですが、何事もバランスが大切。

あまりに乾燥してひび割れになってしまえば、まず痛いですね。

また、皮膚表面が健康で、しっかり弱酸性の皮脂膜が保たれていれば、

雑菌が皮膚から侵入するのを防いでくれます。

しかし皮膚が乾燥している状態だと、私たちが生まれつき持っている

その天然のバリア機能が働いてくれません。

そしてカカトなどがパックリとひび割れ、鏡もち状態になってしまったら、

そのヒビから菌など異物が侵入するのを許してしまいます。

 

あまりに皮膚が乾燥して硬くなった状態は、実はとても危険な状況なのです。

 

また、秋冬は寒さで血流が滞りやすくなり、代謝も落ちます。

それも足裏の角質化の原因になります。

できれば毎日湯船にゆっくりと浸かって、血流促進、代謝を促しましょう。

好きなアロマの香りを入れた、フットバスだけでも良いですね。

リラックスもできるし一石二鳥。

 

そして、お風呂上りやお湯につかった後には、しっかりと肌にモイスチャーを与えましょう。

 

ロージーライフで販売している、ドイツ製の泡クリームもお勧めです。

アルプレザン(乾燥肌用)    アルプレザン(乾燥肌用 尿素10)

アルプレザン2 尿素5%配合      アルプレザン3 尿素10%配合

(各4,400円 税込)

 

この泡のクリームは、ドイツのフットケアサロンで伝統的に取り入れられている

特許取得済みの足専用クリームです。

 

この特殊な泡が、皮膚の真皮層にまでスムーズに浸透し、皮膚を素早く

滑らかにしてくれます。

特に乾燥の気になるこの時期におススメのクリームです。

 

商品のみの購入も可能です。

お気軽にお問合せ下さい。

 

それでは、この冬も足の健康を維持するために

まずは乾燥対策してみて下さいね。

 

 

 

 

Follow me!

前の記事

11月スケジュールのご連絡