ウルム(Ulm)1

**************

2009年から2012年にかけてドイツに滞在し、ウルム(ULM)という街でポドロギー(Podologie)を学びました。

その際に書いていたブログをこちらにリライトしています。

それに伴い、前記事は徐々に削除していきます。

ここで掲載されている情報は、その当時のものですので現在変わっている可能性が高いです。

また私自身の認識が間違っていることも考えられますので、ご自身でも常に最新の情報をご確認下さい。

*************

Ulmの紹介 1    2011.10.1 の記事より

今住んでいるところの写真です。

 

 

ドイツのウルム、中心街ではなく山の上にあるメーリンゲン。
町、というより、村そのもの。
牛、羊、馬などがたくさんいます。
野生のリスも野鳥も。

人々も、動物たちも、みんなのんびりしてます。

 

牛。
いつもは柵の中にいるのに、一度
通り道に十数頭がいて、草を食べてました。
のんびりしてるから大丈夫~
なんてそーっと歩いて行ったら、私目掛けて一頭が
歩いてくるではないですか。

のそのそと、でも大きいから早い!
「シッ!」と手で追い払ったら一瞬退いたので、
その瞬間をみはからって来た道をバック姿勢で
戻ったのでした。。

 

家の前にいたカタツムリ
きれいだったので

ちなみにドイツ語ではカタツムリもナメクジも同様にSchnecke
ただカタツムリは通常、Schnecke mit Haus (家つきカタツムリ)
と言われる。
家がないとナメクジなんですね。。

 

 

いつもの散歩道
ヨーロッパに多数ある、サンチャゴへ続く
巡礼の道のひとつです。それについてはまた後日。

 


散歩道、ウルム大学のそば

 

 

歩いてたら、飛行機雲がきれいでした

もう秋の空です。

 


夕焼け
何色ものグラデーション
自然の中で、色がこんなにたくさん一度に
表現されるなんてすごい。

 

一瞬ごとに色を変える空

夜の7時過ぎです。
夏は終わり、あっという間に日が沈みます。

 

Follow me!

ウルム(Ulm)1” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。