ウルム(Ulm) 2

**************

2009年から2012年にかけてドイツに滞在し、ウルム(ULM)という街でポドロギー(Podologie)を学びました。

その際に書いていたブログをこちらにリライトしています。

それに伴い、前記事は徐々に削除していきます。

ここで掲載されている情報は、その当時のものですので現在変わっている可能性が高いです。

また私自身の認識が間違っていることも考えられますので、ご自身でも常に最新の情報をご確認下さい。

*************

Ulmの紹介 2    2011.10.1 の記事より

 

ウルム(Ulm)は、ドナウ川が流れる南ドイツの、
人口12万程度の大学都市です。

世界で一番高い聖堂と言われる、ミュンスターがあります。

東にはミュンヘン、ノイシュバインシュタイン城のある
フッセンがあり、どちらも電車で2時間程度で行けます。

ウルムの街並み

ドナウ川とミュンスター(左建物)

 

 

フィッシャーフィアテル(Fischer Viertel)と呼ばれる一角
昔漁師が住んでいた場所

 


アウフ・デム・クロイツ(Auf dem Kreuz)
ウルムの中心地からすぐのところにあります

 

ここの写真は去年撮影したもの
確か6月頃で、アジサイがきれいでした。

 

建物のほとんどが18世紀以前に建てられたもの。
昔の面影を今も残しているそうです。

 

 

去年よく行った公園
Blauinsel(青い島)と呼ばれる

 

ドイツには至るところに、このように
大きな公園があります。
本当に緑が豊かな国です。

 

小川が流れていて、つねにカモや白鳥などの
水鳥がいます。

 

一昨年の冬撮影
冬は寒さが身に凍みます
ここへ来て、マイナス18度の寒さ、はじめて
体験しました。

 

Follow me!

ウルム(Ulm) 2” に対して5件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

ウルム(Ulm)1

次の記事

血液について 1